MENU

狭心症でお悩みのあなたへ

看護師のイラスト

急に脈が飛んだり、動悸で苦しくなったり・・・。
突然襲ってくる狭心症の症状は本当につらいですよね。

病院の行って診てもらっても、なかなか改善しない場合もたくさんあると思います。
私の親戚も狭心症で悩んでいる人がいて、本当に大変そうでした。

しかし、先日久しぶりに会ったら、狭心症の症状が驚くほど無くなったそうなんです。

どうして良くなったのかを聞いたところ、この方法を試したからだと教えてくれました。

 狭心症・不整脈解消プログラム


体に負担をかけずに、狭心症を治していく

狭心症でお悩みの方の中には、カテーテルや手術をしたのにも関わらず、再発してしまった方も大勢いらっしゃいます。

手術は外側から悪い部分を取り除いたり、修復を試みたりして、治していくものです。

しかし、これはあくまでも外側からの対処です。

体の内側から根本的な原因を取り除いていかないと、完全に治すことはできないと思います。

でも、根本的な原因から改善していくことは出来るの?

という思いが頭をよぎりますが、実は可能なんです。

指圧治療のエキスパートである坂井博和さんが、自宅で無理せずにできる、狭心症の治療方法を教えてくれます。


狭心症の基礎知識と豆知識

 狭心症を引き起こす動脈硬化
狭心症を引き起こす大きな原因の1つに「動脈硬化」があります。動脈硬化はその他の重大な疾患の原因にも成りかねないので、注意が必要です。

スポンサードリンク

 

狭心症の分類の仕方

狭心症には、いくつかの分類の仕方があります。

一つは発作の誘因から分類するものです。その中でも運動や興奮によって心筋に必要な血流が増えて、心臓に負担がかかってしまったときに発作が引き起こされるものを「労作性狭心症」と言います。そして運動など特に血流が増加する要因がないのに発作が起こってしまうものを「安静時狭心症」といいます。

また、発作の直接的な原因となる冠動脈の状態から見ていくと、血管の内腔が狭くなっているためにおこる「器質性狭心症」と、血管の痙攣が原因となっておこる「冠れん縮性狭心症」に分類されます。

しかし、実際に狭心症になった患者さんの症状を見てみると、どちらともいいがたグレーゾーンの場合も多々あるそうです。さらに、どちらの要素も合わせもっている場合もあります。大切なのは緊急を要するものなのかどうかを、きっちり専門医に判断してもらうことだと言えるでしょう。

更新履歴